interviewersとは

interviewersでは、インタビュークリップをつくっています。

ジャンルを問わず世の中へ面白いコトを発信している表現者の映像アーカイブです。
活動の目的は、表現者を応援すること、表現者と表現者をつなぐこと、そして
表現者を目指す人に勇気を与えることです。

わたちしたちは個人的な資金で活動しています。活動をはじめてから撮影機材費、データ保存する費用、欧文へ翻訳、撮影ロケ地レンタル費、交通費…など、映像制作にかかるコストの高さを実感しています。

インタビューする人は、ジャンルを問わず幅広い分野の人たち。本の編集者、政治家、芸術家、NPO団体の代表者、料理研究家、俳優、デザイナー、陶芸家、教育者、パッチワークアーティスト、シンガーソングライター、セラピスト・・・その人の生きざま、現在の活動、苦労話。見ていると引き込まれて行きます。

311の東日本大震災のあと「映像で何かできることはないか」と考えて生まれたのがinterviewersだったそうです。東北の復興支援のプロモーションビデオをボランティアで作りました。ビジネスの映像ではなく、人の心を動かすための映像制作。これが多くの人々を引き付けたのでしょう。

名古屋で安い脱毛サロンを見つけたい!キャンペーンをまずは利用

よくテレビや雑誌でムダ毛なんて元々なかったんじゃないのって思うくらいツルツルで綺麗な手足の女優さんやタレントさんを見ます。ムダ毛の処理に悩み続けている私には本当に羨ましい限りです。いったい何歳ぐらいからムダ毛の処理を始めたのか記憶が無いけれど、悩みが消えた事がありません。

最初は普通に女性用の剃刀を買って手足を剃っていましたが、いろいろ気になる事がありました。次に除毛のクリームを試してみました。直に刃が触れないのできっと肌に優しいのだろうと思っていたのですが、処理後肌が赤くなってしまい、さらにクリームの塗り方が下手なのか除毛が完全に出来ていなくて所々ムダ毛が残っていました。

次に手軽さを求めて除毛テープを購入したのですが、どうも肌が刺激に弱いらしく貼ったテープをはがす度にヒリヒリしてかゆみがでるのでやはり諦めました。あれこれ悩んで女性用の電動シェーバーや家庭用の脱毛器などを購入し試してみたのですが、私が不器用で機械を使いこなせていないのか手間ばかり掛かり満足のいくツルスベなお肌にはなりませんでした。

エステで全身脱毛出来たらと思うけれど、費用も掛かるしなんだか敷居が高い気がして気後れしてしまいます。でも名古屋にはかなりの数の脱毛サロンがあるので、その中にはかなり安い脱毛サロンもありそうですよね?! なんて考えてたらこのサイトを発見!

名古屋市で脱毛するなら※脱毛サロン・医療レーザー脱毛が安いのは?

いろいろ試した結果、結局また剃刀での自己処理をしていますが昔と同じで悩みは解消されず困っています。剃った後に特に足のすねなど毛穴が黒くポツポツと目立つような気がして男の人みたいで嫌だなと思いますし、剃れば剃るほどムダ毛がどんどん濃く太く立派な毛になっていくような感じでうんざりもします。

それに処理しても数日ですぐ伸びてしまうので剃刀を使ってばかりで肌にも負担が掛かるし時間も取られて本当に面倒です。少し油断して処理をサボっていると、伸びかけのムダ毛がチクチクしてきて、そんな時に誰かと肌が触れたりすると本当に恥ずかしくてたまりません。そ

れならいっそムダ毛処理を放棄しようかとも思いましたが、街で処理をしていない腕などを露出している女性を見ると、どうも気になってしまいます。あれこれ悩んでいてもムダ毛は日々伸びるし、やっぱり処理しないわけにはいかないので簡単で素早く綺麗にそして肌に優しい自己処理の方法があったら本当に知りたいです。

アフリカ一人旅

人類の発祥の地はアフリカである。それを知っていつか行ってみたいと思っていました。でもそう簡単に行ける距離ではないし、せっかくあそこまで行くなら1か月は滞在したいと思いっていました。それなら学生時代に行くしかない。

社会人になったら1か月の休みなんて絶対に無理だから。そう思って思い切って行くことにしました。それに、当時父親が高血圧やら血糖値やらで身体が不調な姿を見て、「元気なうちに行きたいところに言っておかなくては!」と思ったのもキッカケではあります。

※高血圧の父が飲んでいる特保のサプリメント⇒http://www.baytripper.org/

同じ学部の友達を誘いましたが、アフリカなんてとんでもない、そんな危険なところに何しに行くんだと言われ、誰も行きたいと言ってくれる人がいなかったので、一人で行くことにしました。

英語が通じて交通の便もまあまあいい、ケニアとタンザニアに行先を決めました。タンザニアにザンジバル島というのがあって、そこに日本人街があると聞いたので、そこに行ってみたかったというのもありました

当時東アフリカに行くには黄熱病と、コレラの予防接種が必要でしたし、マラリアの薬も飲まなければなりませんでした。まだインタネットがそれほど発達していたなかったので、ネットで安い宿を予約することができず、ケニアに行った数日分だけ少し高級なホテルを予約して行きました。

直行便がなく、一番安いアエロフロートでモスクワ経由で行きました。今は分かりませんが、アエロフロートは機内食はどんどん出してくれて、お土産にウォッカの小瓶がつきました。モスクワの空港で一泊しましたが、そこでケニアに帰る親子と仲良くなって、子供と遊んでしまったため、眠らずにナイロビ行の飛行機に乗り換えました。

ナイロビではホテルのスタッフが迎えに来てくれていて、無事にホテルに着くことができました。ナイロビの町は意外と都会で、マクドナルドがあったり、本屋があったりと、それほど不便は感じませんでしたが、一つ道を渡るとスラムになっていて、生臭い臭いが流れてきていました。

 

一年中自信を持てる素肌でいたい

私は両脇の脱毛は完了しているのですが、それ以外がまだなのです。両ひじ下、両膝下、顔の脱毛(額、鼻の下、あご)、そして恥ずかしいですがVIOも脱毛したいと思っています。

まず両ひじ下ですが、真夏以外は見せることがありませんが、ふとしたとき自分の腕を見てがっかりすることがあります。そして知人にとてもきれいな方がいるのですが、両ひじ下はジャングル状態なのです。それを見るとがっかりしてしまいます。両脇の毛を発見したときより衝撃的でした。

そして両膝下ですが、ここも年中きれいな状態でありたいです。冬はタイツに隠れますが、どんなときでも自信を持てる素肌でいたいです。見えないからいいや、という思いは、必ず雰囲気に出てしまうからです。

顔の脱毛は化粧のりがよくなると聞くのでこれも外せません。

そして恥ずかしいVIOですが、これはこれからの女性にとっては必須かもしれません。海外の女性は早い時期にVIOのお手入れを済ませる習慣があります。

日本にはたくさんの訪日外国人がおり、温泉を楽しむことも多いのですが、日本人女性の下半身の毛を見てがっかりするそうです。なぜならその毛が温泉の中で抜けてしまうこともあるからです。

それにVIOの毛がないと、生理の時に蒸れたり、臭いで悩むこともかなり軽減されると聞きます。そして何よりランジェリー姿に自信が持てると思います。はみ出したりなんてしていたら、自分でも幻滅してしまいますから。

痛いし恥ずかしいのも事実ですが、絶対に脱毛したい箇所です。顔や体の脱毛は自分で処理をすると、必ず皮膚トラブルを起こしてしまいます。

剃刀を長年使えば、色素沈着につながりますし、脱毛してきれいになりたいのに逆に汚くなったりなど、本末転倒にもなりかねません。

医療で脱毛すると、短期間で完璧に脱毛が完了すると聞きますので、多少お金はかかるし、痛みもつきますが、女性として楽しんで生きるために脱毛したいと思っています。今はアクセスの良い小倉でクリニックを探しています。【参考:レーザー脱毛小倉

もみあげの悩み

大人になった今でも体毛は人よりも薄く、学生時代も多くの友達に羨ましいと言われていました。そんな私が幼い頃からその毛量で悩んでいる部分があります。それはもみあげです。

髪の毛をおろしたり、真正面から見ればあまりにめ目立ちませんが、不意に風が吹いて髪が乱れたり、暑くて髪の毛をまとめたりしたときに、人の視線が気になって仕方ありません。
その部分を気になり始めたのは、中学生の頃で、友達と比べて自分はもみあげが長いことに気がつきました。友達のは薄く産毛のような毛がきれいに生えているのに、自分のは普通の髪の毛の太さの毛が黒々と生えていました。カミソリで剃ったこともありましたが、生えてきた頃に青く目立つようになり、余計に隠すようになりました。

高校生の頃、クラスの友達が脱毛サロンに通い始めましたが、もみあげ意外に気になるところは無かったので、誘われても自身が通うことはありませんでした。ピンセットで間引きし、長さを整え、自然な形に見えるように毎日整えていました。それでも加美を上げるときはサイドの髪を残したりしていました。

そんな学生時代を経て、いよいよ脱毛をする決意が固まったのは、自身の結婚式が決まった時でした。このサイトに地元熊本市のメンズ脱毛のことが載ってあったので、参考にしました。(※脱毛熊本市

1年半ぐらい通った頃には毛の量も減り、1本1本も薄くなったように思います。
今後どのような元に戻るかも知れませんが、結婚式にきれいなもみあげで挑めたので問題ありません。脱毛をしてよかったと本当に思いました。

もっと早くにしていればよかったかななんて思いましたね(^^)でも、スッキリと悩みが解決できたので良かったです(^O^)

 

一見珍事?!でもそれが毛深い奴の日常

毛深いのが昔からコンプレックスで、最近ヒゲ脱毛に通い始めました。確かに処理は楽になった!次からは他の部位も検討中。そんな私の毛深い事での悩みを幾つか挙げてみます。

〇生活編:その1
・水はけが悪い!
これは何かと申しますと、シャワーから出て体をふく際に、
毛深いがゆえに、タオルで拭いてもどうしても一度ではスッキリと拭ききれません。
洗髪後の拭き取りを想像して頂ければよりイメージが付くかと思います。
髪が大量にある人とスキンヘッドの方と。

〇生活編:その2
・なんか焦げ臭い
こちらは料理をする時のお話です。
フライパン強めに火をかけ、炒め物をする時に時々あるのが、
何か焦げ臭い・・・毛の焼ける匂いがする・・・。
そうです、腕の毛が焦げ付く事があるのです!
毛深い方で料理をする方はご経験あるのではないでしょうか。

〇生活編:その3
・シップ類
打撲した時などにシップの類。これがなかなかどうして、剥がすときの事を考えると張るのを躊躇してしまいます。
最終的には打撲の痛みと剥がす時の痛みを天秤にかける事になります。

〇外出編:その1
・今何時かなぁ? イテッ!
これは腕時計の話です。
外出先で何気に「今何時かなぁ~」と腕を見た瞬間に、「プチッ!」
腕時計の金属製のベルトの隙間に毛が挟まり、「プチッ!」と抜けてしまう事があるのです。
対処は革製のベルトにするか、毛をそるしかありません。

〇外出編:その2
以前ダメージジーンズを購入し、気分よく外出した時の事。
改めて破れている箇所を見てみると、そこからは容赦なくスネ毛とモモ毛が「こんにち」はしてるではないですか!
これでは到底おしゃれとは程遠く、単にマニアに好かれそうなキモイい男が出来上がっただけでした!

〇外出編:その3
短パンも同様に、百歩譲って日焼けして色が黒くなっている時ならばいざ知らず、まだ色が肌の白い時にはとてもとても・・・。

〇対処編
以前、まずはスネ毛をターゲットに思い切って対処を施してみました。
いきなり全部剃ってしまってツルリンピカピカも抵抗があるので、まずはハサミで長さをカットしていく事に。
始めは慎重に「チョキッ」と切っていたものの、途中から積年の恨みか我を忘れ「チョキッチョキッチョキッ!」。
で、出来上がったスネを見て一言「ヤッベーー!」
と言うのも、カットした長さや手を付けた場所が均等ではなく、左右で濃い所薄い所がバラバラ。
そして場所によってはミステリーサークルの様に円形や幾何学模様に薄くなっている箇所が多々。

数日後に会社の健康診断で検査着に着替えされられ、スネ丸出しになるのだが、一見すると何かの病気みたいだなこりゃ。と、中々思うようにはいきません。

私がヒゲ脱毛のことを調べたサイトはここです⇒ヒゲ脱毛高松市

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén